第四番 修徳寺 (スドクサ)

各寺院のご紹介

観音信仰

観音殿に観世音菩薩像を奉安しており、また観音岩の前には、石造観音菩薩像を奉安している。

<参拝順路>
一柱門金剛門天王門 →(宗務所)→ 大雄殿観音殿

写真1

雲水衲子(ウンスナプジャ:雲や水のように遂行先を渡り歩きながら遂行する僧侶)が修行している道場、修徳寺(スドクサ)は大韓仏教・曹渓宗5大本山(海印寺、通度寺、松広寺、修徳寺、白羊寺)の一つである。修徳寺は百済時代に創建された寺院とされている。

大雄殿の側面を見ると、建物の歴史を感じることができる。この部分は他の所に比べて丹青の鮮やかな色が褪せ、木材の質感が表面に出ているからである。

〒340-921 忠清南道礼山郡徳山面沙川里20 (041)337-6565
http://www.sudeoksa.com/


ウインドウを閉じる

このサイトは韓の国 三十三観音聖地事務局が全ての著作権を保有しています。