第十九番 海印寺 (ヘインサ)

各寺院のご紹介

観音信仰

大寂光殿に、毘盧遮那三尊仏と観世音菩薩像を奉安している。

<参拝順路>
一柱門解脱門鳳凰門 →(宗務所)→ 大寂光殿

写真1

韓国仏教の象徴的な聖地として禅院、律院、講院を運営している叢林である。信仰の叢話である八万大蔵経を安置する寺院として法宝寺刹と呼ばれる。伽耶山の雄壮な姿と世界遺産、国宝、宝物、伝説、そしてここで修行している僧侶とが美しい共同体をなしている。  

海印寺は、海東華厳宗の初祖、義湘(ウィサン)大師の法孫である順応(スヌン)和尚とその弟子の利貞(イジョン)和尚が新羅時代(802年10月16日)現在の大寂光殿の場所に創建したと伝わっている。

〒678-895 慶尚南道陜川郡伽倻面 緇仁里10 (055)934-3000
http://www.haeinsa.or.kr/


ウインドウを閉じる

このサイトは韓の国 三十三観音聖地事務局が全ての著作権を保有しています。