韓の国 三十三観音聖地

  • 韓国観光公社
  • 大韓仏教曹渓宗 韓国仏教文化事業団
  • ホーム
  • ご挨拶
  • 三十三観音聖地とは
  • 巡拝にあたって
  • 参拝者の声
  • よくある質問

一般の方のお問い合せはこちらから

よくある質問

このページはホームの中のよくある質問です。

「韓の国三十三観音聖地巡りの旅」について皆様から寄せられる質問とそれに対する回答です。


どのような服装で行けばいいですか?
滞在先のお寺で作務衣が準備され、滞在中はその格好でお過ごしいただきます。季節に合わせて、Tシャツ、カーディガンなどをご用意ください。また他のお寺の参拝時も含め、坂道や石段が多くありますので、履きなれた運動靴でご参加ください。
お寺参拝の際の服装は自由です。
テンプルステイ先の設備はどうなっていますか?
テンプルステイ先では洗面洗髪用具、タオルの常備はありません。シャワーは大人数様の男女共同です。トイレは水洗です。就寝の際、男女別に別れ大部屋を使用します。
お寺により大きさは違いますが、おおよそ一部屋5名から20名でのご使用になります。ご夫婦のご参加でも原則的には別部屋になります。タンス、クローゼット等の収納家具は設置されていません。またセーフティーボックスなどの設備もありません。お寺内での盗難は考えにくいのですが、貴重品については自己管理をお願いいたします。
参拝時間は1ヶ所当たりどれぐらいですか?
1時間半ぐらいの予定です。(移動時間含む)
お参りの際、一般的なスタイルはありますか?
テンプルステイの夕方と朝の礼仏(お勤め)は韓国式の作法となります。
食事の寺刹料理とはなんですか?
1泊2食で出される食事は日本でいうところの精進料理です。ここでは食事もバル供養と呼ばれ、決められた作法があり、韓国のお寺での重要な修行のひとつとなっています。鉢盂(バル)は、日本では応量器の事で、自分の量にあった器を意味し、供養は仏教では、食事を意味します。つまり鉢盂(バル)を使った修行式の食事作法となります。飲酒はできません。
体験プログラムはどのようなものですか?
お寺により若干異なりがありますが、着後夕刻の礼仏、バル供養、茶道、朝の礼仏、座禅などの瞑想の時間、お寺の清掃が一般的です。到着後は簡単な説明をいたします。尚、就寝時間は21時頃、朝の起床は午前3時頃で、お寺の僧の叩く木魚の音でお目覚めいただきます。します。
冷房設備はありますか?
お寺の本道は木の床で冷房設備はありません。体験堂と寝る場所はオンドル式になっています。
喫煙はできますか?
お寺では禁煙です。お寺以外でも喫煙場所が限られている場合がありますのでご注意ください。
礼仏は全員参加ですか?
はい。テンプルステイは原則全員参加です。起床は明け方3時前後です。
洗濯はできますか?
テンプルステイ先では手洗いできる洗濯場はございますが滞在中の使用にはあまり適しません。また、各ご宿泊ホテルでも有料にてチェックイン後にすぐお出し頂ければ翌朝に仕上がるシステムもございます。
※一部ホテルにより仕上がりにお時間がかかる場合もありますので現地にてご確認ください。
移動中の荷物の持ち運びはどのようになりますか?
テンプル指定先では基本は移動のバスにスーツケースを置いておき1泊分の荷物のみ持ち込むことをおすすめします。1泊分用のバックを別にお持ちいただくと便利です。


ページの先頭へ戻る


韓の国三十三観音聖地への巡拝を ご計画中の方はこちら

  • 取扱旅行会社はこちら

旅行会社の方へ

  • 韓の国観音聖地 旅行企画について
  • 資料請求・お問い合せはこちら

専用ページはこちら

  • ログイン